GROOVELOG ロケバス スタッフブログ

伊豆大島ロケ

ちょうど一年前、あるCMの撮影で伊豆大島に長期滞在していました。このときのことを当時のGroovelogで少し書きました。このブログの記事がきっかけで今回のお仕事が始まりました。「伊豆大島にはお詳しいですか?大島で写真集の撮影をするのですが、お手伝いしてもらえますか…」

大島って不思議な島なんです。東京からジェット船で2時間。飛行機なら30分。こんなに近いのに観光客がホントに少ない。切り取れる景色も豊富にあってしかもだれにも邪魔されない。海あり山あり砂漠あり樹海あり…逆に大変なのは何もないこと。たとえばコンビニが一軒もない。飯屋が20時には全部閉店。いざ大島で撮影隊を機動させようとすると普段ではありえないさまざまな問題に直面してしまいます。昨年の大島初滞在の時にさまざまな問題に直面した分、今回お声を頂いたときには自信がありました。大島をコーディネートできるのは俺だと。

本隊より一日早く大島入りし、カメラマンさんとロケハンをしました。ロケハンの日って楽しい!素敵な景色を写真に。車を走らせてはまた撮る。一日島を回るうちにカメラマンさんと息を合わせることもできてきました。今回は楽しくなりそうだ。
翌日本隊が大島入り。撮影開始です。初日から良い画が沢山撮れました。本隊のスタッフとも食事や夜のお酒を通じてだんだんと仲良くなることが出来ました。
あっという間に時が過ぎ、いよいよ撮影最終日。数日間トライ裏砂漠。霧深くて撮影が出来ていなかった唯一のポイント。ホテルを出たときは曇り空。半信半疑で向かったのですが、裏砂漠に着くと霧が晴れて絶好のコンディション。無事に予定していたカットすべてを撮りきることが出来ました。

今回再び大島を訪れてみて改めて大島のポテンシャルを感じました。
写真集やPVなんかのロケ地候補としては切り口の豊富さなどからももっと使われて良い気がします。
現地でのコーディネートのノウハウもかなり充実できたので、大島でロケの際は是非お声掛けください!!